髪活ライフログ

36歳一児のパパです。美容師を8年→現在はカツラの販売作成と美容師をしてます。髪のお手入れや、髪に優しいスタイリング剤、最新カツラ事情のお話。【カッコよくなる&綺麗になる】がテーマです!!

30代で勢いでカツラ被って彼女が出来た!世界が一変!人生が好転!

こんにちは、虎雄です。

 

簡単に僕の自己紹介から。

僕は美容師を8年+カツラ屋7年目の店舗責任者をしています。

 

この経験の中で

美容師の頃にせよ

カツラ屋にせよ

 

お客様の笑顔をたくさん作ってきました。

その中でも、若くして薄毛に悩み、今後の人生に大きな不安を抱えている20代~30代のお客様は例年増加傾向にあります。

こちらも参考に読んで頂けると嬉しいです↓

www.torao888.com

 

悩みが深い分、問題解決に至った時の喜びようは悩みの深さに比例して大きなものになります。

そんな場面をたくさん見てきました。

 

今回の記事はこの悩み~解決~喜びまでを書いていきますので少し悩んでる方も是非読んで頂きたいと思っています。

 

地毛が薄くなってきたことを気にしていたけど、思い切ってカツラを被ったら世界が一変した

f:id:karisuman:20200716195933j:plain

 

 

お客様の悩みと初期ニーズ

お客様は28歳の時に初めて薄毛が気になるとご相談に来てくださいました。

ご職業は消防士さん。

f:id:karisuman:20200723013829p:plain

 

火災現場へ向かう以外にも事務作業やトレーニングなども業務内容に含まれているそう。

 

髪をツンツン立たせたい、でも髪にハリコシがなく立たせられない。

さらには毛量が減ったことで、手の平を思い切り広げた範囲くらいが頭の形が分かるくらい透けて見える状態。

f:id:karisuman:20200723013943p:plain

 

お客様の注文は頭皮が隠れること。

 

範囲が広いことからカツラをオススメしたかったけど、結んで増やす方法を選択された。

こんなやつです↓

f:id:karisuman:20200506001519j:plain

詳しくはこちら↓

www.torao888.com

 

 1年経過、そして希望の自分になれたか、20代前半の自分に戻れたか

当初は平均で10万本と言われているがアジア人はもう少し多いのが平均12〜13万本と言われています。

あくまでも平均ですが20代前半髪の毛に何も悩みのなかったあの頃に戻りたい。

現在、手の平大で頭皮が透けて見えている状況から考えると2万本以上の増毛は必要だろうという予測。

 

その本数へ導くには

【お客様の自毛の毛長×1ヶ月に結びつける増毛材の本数=増やした合計本数】の公式が成り立ちます。

 

お客様の毛長を仮に7cmだと仮定すると、2万本増やすには毎月2900本ほど増やし続けて行く必要がある。

時間の問題。

1時間に200〜400本ほど増やすことが出来る方法を取っていたので、この公式通りに増やすとなると、少なく見積もっても毎月8時間ほど増毛の時間として確保しなくてはいけない。

f:id:karisuman:20200723014313p:plain

 

さらにはコストの問題。

取り付けから7ヶ月で切り落とすこととなり、使い捨てのデメリットがここで強く感じやすい。

 

結果、最終的にご満足されるお客様は希望される量が現在と比べてかけ離れていない方には向いており、このお客様が満足されることはありませんでした。

 

30歳、勢いでカツラを被って希望を叶える。理想の自分になれた!

では、どうする。

ここがターニングポイントとなるわけですが、お客様により『カツラ』のイメージは異なります。

あなたはカツラと聞くとどういう物を想像されますか?

大きくて不自然でおじさんが付けてて汚らしい、こんなイメージでしょうか。

 

これもカツラなんですよ↓

f:id:karisuman:20200615010430j:plain

これで200本くらい。(ちなみに僕の物です笑)

正直バレたことがありません。

 

お客様にも同様の説明をさせていただいて、最初に起こる抵抗感は食わず嫌いなだけですよ、とお話し複数の選択肢から試着→イメージ共有を計り、勢いそのままにカツラへの移行を決めました。30歳になったばかりの頃でした。

 

不安と期待が入り混じる中、実際に取り付けスタイリング。

表情を見れば分かります。これだったんだな、と伝わります。

求めてる量が現実になれば、あとは

こんなことは出来るの?

あんなスタイルは出来るの?

お客様から質問が飛んできます。理想が上がっている証拠です。

お客様からも「被って良かった」とはっきり仰せになります。

 

下記にメリット・デメリットをまとめます。

メリット

  • 希望の毛量にすぐになれる。スタイルが安定する。
  • 使い捨てではないのでコストが節約できる。
  • 時間が節約できる。

デメリット

  • 頭を触られると物感が分かる。
  • お手入れが必要。(結ぶ増毛法もお手入れは必要、ほぼ変わらない)
  • 一気に増える=ゆるやかな変化というより急激な変化になりやすい。

※変化への不安に関しては周囲の方に秘密という方がほとんどなので、夏休みやお正月休みなどの長期休みの期間に使い出していただくことを勧めることが多いです。

世界が一変した!人生が好転、回り始める!

カツラにしてからは恥じることなく、帽子も被らず、堂々と日常を送れるようになったとお喜びの声を聞いたのも束の間、次々と人生が好転し始める。

彼女ができる

7つ年下の彼女が出来たと笑顔で報告をいただいた。

彼女が欲しくて街コンによく参加をしていたけど結果は出ず。

ところが、カツラに変えて初めての街コンで意気投合して看護師さんとお付き合いすることになったそうでこれまで見たことがないほどの笑顔を見せて下さった。

f:id:karisuman:20200723014627p:plain

この2年後に結婚された。

 

仕事も現場の消防隊員から事務業に変わり昇進を果たす

結婚をする前に所属が変わることを伺い、昇進されたとの報告も頂戴した。

所帯を持つから、と意味もあるのかもしれないが現場隊員から裏方の業務へ異動された。

もちろん昇給も果たした。

 

 

まとめ

このお客様とはもう6年近いお付き合いになりますが、カツラに変えて良かったと言って下さるし、奥様にもカツラを使用されてることはお伝えしており家庭でも必要な物という認識を持って頂けているのでご本人様も気兼ねなく続けて行けると言っておられます。

 

現代のカツラの進化は半端ではありません。

百聞は一件に如かずです、気になってずっとそのまま過ごすのなら一度ご相談してみると良いでしょう。

ご自身の目で確かめて下さい。

 

それではまた。

 

最終更新:2020/7/23